お父さんお母さんへ感動のプレゼントはお祝いビデオのPAM 
mailお問い合わせお問い合わせお気軽にお電話下さい

還暦のお祝いをする時の準備と流れ

お祝いコラム(還暦食事会)

人生の節目『還暦のお祝い』

60歳の年祝い「還暦祝い」お父さんお母さんに「食事会」を開いて「プレゼント」を上げたり
というのが一般的です。では、どんな準備をしてどんな流れで進めればいいの?
「親近者をお招きして」「家族だけで」と合わせてご説明させて頂きます。

① 還暦とは?


干支というのは本来十干と十二支からなっており、60通りの組み合わせがあります。
それが一巡して自分の生まれた年に戻ること、それを還暦というのです。
長寿のお祝いの一つとして数えられる還暦ですが、長生きをされる方の増えた今では61歳という年齢はまだまだ現役です。
しかし多くの企業では一応の定年をこの還暦と同じく定めていることが多いため還暦は人生の一区切り、第二の人生のスタートとしてお祝いをする方が多いようです。

還暦とは、数え年61歳のこと


生れた時が1歳で始まり、年が明けると誕生日とは関係なく2歳という年の数え方をしておりました。
ですので、満年齢の数え方で【60歳の誕生日】の年が【数え年の61歳】となります。

還暦祝いの準備

② 還暦祝い人数と日程


還暦のお祝いと言えば、還暦を迎える人に赤いちゃんちゃんこと頭巾を贈るのが昔からの慣わしでした。
これは、赤という色に魔除けの意味があること、また還暦は「生まれたときに還る」という意味があることから生まれた習慣だそうです。
ただし今では還暦といってもまだまだお若い方が多いため、このような格好をすることは少なくなりました。
今では還暦のお祝いは、長寿のお祝いの一つとしてというよりも、これまで頑張ってこられた方への感謝と更なる活躍を祈る気持ちとを伝える場として、盛大に開かれることが多いようです。

それではどのような人をお招きするかをまたは日程を決めましょう
「家族のみ」「家族と一部の親族」「会社時代の親近者などを招いて」人数によってお店、もしくはご自宅でなどの判断も必要になることかと思います。


③ 還暦祝いの食事会「お店」「自宅」どちらで?


人数が決まりましたら「お店」ですか「自宅」でするかを決定します。

『自宅の場合のメリット・デメリット』
家族や一部の親族などの場合、自宅での会食がおすすめです。還暦を迎える方の好きな食事や好きなお酒などを準備して和気あいあいと過ごす事が出来ます。
またお孫さんが飽きてしまったりしても、遊べるおもちゃなどを準備してのんびり楽しい時間が過ごせます。
デメリットとしましては大人数などの場合は準備や後片付けが大変です。

『お店の場合のメリット・デメリット』
大人数の場合も準備や後片付けなどが必要ありません。日程と時間を決めてお店に行くだけで大丈夫ですので。
この場合は小部屋のあるような仕切られた空間を利用されることがオススメです。周りの目を気にしながら挨拶やお話をするのはせっかくの記念日がもったいないです。

還暦食事会

④ 食事会のながれ


還暦祝いには特別な流れといった決まりはありません。ですので一般的なお祝いの式などと同じような流れで構いません。

(1)開会
(2)主催者から出席者へのお礼と挨拶
(3)乾杯
(4)食事や催し物
(5)プレゼント贈呈
(6)還暦を迎えた方からの挨拶
(7)主催者より締めの挨拶
(8)閉会

家族での食事会の場合は、ここまで形式的なものは必要ありませんが主催者からの挨拶や還暦者からの言葉などの時間を設けると、より食事会が思い出深いものになりますので是非やってみてください。


⑤ 還暦にとっておきのプレゼント


とっても喜んでもらえるプレゼントでありながら、還暦祝いの食事会を盛り上げる必須アイテムにもなる素敵なプレゼントがあります。 それは還暦祝いビデオです。
60年間の想い出の写真と家族からのお祝いのメッセージで作るムービーです。

 よろしければサンプルをご覧ください


自分史タイプ
19800円税別
感謝タイプ
19800円税別

まとめ

人生の節目の『還暦のお祝い』開催される規模などによってお店などを選び本人が是非喜んでもらえるイベントにしてあげてください。
既製品のプレゼントと比べると手間がかかりますが、かけた手間の分だけ心から喜んでもらえるプレゼントがあります。
>>オススメのプレゼントは『60年の写真で作る還暦祝いビデオ』


PAMは還暦祝いのプレゼント「還暦祝いムービー」の制作がとっても得意なんです 詳しくはPAMへお問い合わせ下さい 0238-52-4884